So-net無料ブログ作成
検索選択

世界一周旅行・番外編・4日目(バンコク~名古屋) [世界一周旅行]

還暦祝いに母をはじめて招待した海外旅行、その最終日、日本に向けて出発です。

2月19日(日)

6時過ぎに起床、8時には空港に向かわなければならないので、早めの朝食。

スクランブルエッグとサラダを最初に盛り付けたが、朝早くて食欲があまりないので、中華粥に変更。油条と皮蛋、そしてパクチーもたっぷり入れて。

タクシーホテルを出発。日曜の朝で、しかも都心へは逆方向だったので、すさまじい混雑だった行きの時と違ってスイスイ。下道を100km以上で飛ばし、20分ほどで到着。これまたタイに慣れた身には何とも感じなかったが、運転の荒さに二人はけっこうビビっていたらしい。


(左)チェックインを済ませ、ラウンジへ。
(右)行きの香港~バンコクに続いて、バンコク~香港でも見事ビジネスクラスにアップグレード。朝食はフルーツからスタート。

(左)メインは中華風のスズキとご飯。機内食にしてはかなりレベル高い。でも、さっき朝食を済ませたばかりなので、半分も食べられなかった。
(右)甘いものは入るところが別なの~♪
…てことはなかったです、ハイ。一口だけ食べました。写真では分かりにくいですが、右のスプーンはフォークと一体になっていて、これを見ると名古屋の「寿がきや」のラーメンのスプーンを思い出してしまいます。

満腹のまま、香港到着。

乗り換え口を抜け、今回の旅の最終ランナー、名古屋行きの便に搭乗。

なんと、またアップグレード。香港~バンコク~香港~名古屋とビジネスクラスに。最初の名古屋~香港もガラガラで楽勝で横になれたので、準グランドスラム達成!といったところか。


(左)まずはおつまみと食前酒。オーストラリア産シャルドネを。
(右)前菜。これだけで結構なボリューム。

(左)シーフードをチョイス。エビの中華風炒め。
(右)母と叔母はビーフを。

(左)食後にチーズとポートワイン。食べ続けて、さすがにこの辺で限界。
(右)でも、甘いものは…

やっぱり、入るところが別なの~♪

とばかりに、この瞬間だけ夢見る乙女(あるいは『でぶや』の内山君)が乗り移ってしまったようだ。完食。

この時期は気流が強く、21時前、わずか3時間で香港から名古屋に到着。

あっという間の3日強の旅行でした。あまり観光らしい観光はせず、部屋でゆっくり過ごしたり、周辺を散歩することが中心で、物足りないというよりもむしろ、このようなスタイルのほうが母も叔母も気に入ったようでした。今回、足慣らしを済ませ、次回以降にまた海外に行きたいと思ってもらえるようにしたいという僕の意図も達せられたようで、叔母は「今度は韓国に行きたい」と言い出し、母も前向きな考えのようです。よかった。

きっと今度は二人で、あるいは二人の妹(女きょうだいは3人で、みな仲がいいのです)で連れ立って出かけてくれることでしょう。あまり趣味の多くなかった母が、これからの楽しみを見つけてくれれば、海外に連れ出した甲斐があったというものです。

(世界一周旅行・番外編・完)

 


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(2) 

nice! 1

コメント 2

Doctor-D

はじめまして。しょちょうさんのブログから飛んできました。
親子孝行の海外旅行ってうらやましいですね。私も連れて行ってやりたいものです。
東南アジアには言った事ないですが、写真つきで丁寧なレポートなので、このまま参考にさせてもらって行けそうな気持ちになってきましたw

それで、疑問なんですが、ビジネスへのアップグレードって、そんなに頻繁にあるものなんですか?なにかコツでも?
過去記事も楽しませてもらってます。よろしくです。
by Doctor-D (2006-03-02 09:36) 

ちくりん

Doctor-Dさん
こちらこそはじめまして。コメントとnice!ありがとうございます。
母はずいぶん嬉しかったようで、連れて行ってよかったなと心から思いました。

アップグレードですが、航空会社のマイレージプログラムの上級会員だと可能性が上がるようです。僕もそうです。あとは、エコノミークラスでも値段の高いチケットでもなることがあります。
アップグレードのあれこれについては、近いうちにこのブログに詳しく載せたいと思います。

これからもよろしくお願いします!
by ちくりん (2006-03-03 03:00) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。