So-net無料ブログ作成
検索選択

世界一周旅行(過去編)・第四章・10~12日目(イースター島~サンチアゴ~ロサンゼルス~東京) [世界一周旅行]

南米旅行もいよいよ最終日、思い出深いイースター島から帰国の途に就きました。

2005年5月7日(土)

今日も朝からいい天気だ。前回の訪問では、1週間近くの滞在の半分くらいを雨に降られていたが、今回は晴天に恵まれて短い時間で効率的に回ることができ、モアイを充分堪能することができた。

今日はもう車も返してしまったので、飛行機の出発までの間、村の周りを散策して過ごすことにする。まずは海岸付近をぶらぶら。


(左)島内では馬もポピュラーな乗り物。ポリネシア系の浅黒い肌のワイルドな風貌の男性が乗ると、とても似合っていて格好いい。
(右)郵便局。船の定期便がないので、郵便物は必然的にエアメールですね。


市場へ。島で採れた野菜などのほか、民芸品も売っていた。



教会や村のメインストリートを歩く。そろそろ空港に向かわなければ。あっという間の3日間だった。


いつもはひっそりとした空港も、週数回のフライトの直前は旅行客、宿からの送迎、空港職員、貨物業者などで賑やかになる。ちなみにここの空港の滑走路、スペースシャトルの緊急着陸用でもあるらしい。


いよいよイースター島ともお別れ。まさか2度も来るとは思わなかったが、やっぱりもう一度来たいかも。


一路サンチアゴに向け、飛行機は高度を上げイースター島からどんどん離れてゆく

…と思ったら、低空飛行のまま海岸線に沿って右に旋回し、上空からイースター島をぐるっと眺めることができた。なんと粋な計らい!冬の北海道で、女満別空港への着陸前にいったんオホーツク海上空に出て上空から流氷を見たときも感動したが、今回のは島での思い出をなぞるように飛んでくれたので格別だった。

(左)島を半周ほどして、北端近くで飛行機は高度を上げ、これで本当にイースター島ともお別れ。
(右)機内食はパスタ。そういえば、行きと同じメニューのような…

帰りは偏西風の影響で、行きより1時間程度短い4時間ほどで夜8時過ぎ、サンチアゴに到着。


(左)休む間もなく、ロサンゼルス行きの便に乗り継ぐ。この旅行6回目、そして最後のランチリ航空。
(中)機内は南米の人々やアメリカ人のほか、韓国人旅行客が大勢乗っていた。
(右)夜食。やはりランチリ航空はサービス水準が高く、米系の会社とは比較にならない。今回も南米~米国間はランチリ航空が飛んでいる路線を選んで乗った。

(左)経由地のリマでいったん降機。
(中)韓国人の団体はここで降り、それと入れ替わるように日本人の団体が大挙して乗ってきた。ペルーのマチュピチュやナスカの地上絵などを見て、これから帰国する途中なのだろう。
(右)サンチアゴから半日あまりのフライトを経て、翌朝、ようやくロサンゼルスに到着。でも、まだ日本まではあと半分ある…


ロサンゼルス空港のアメリカン航空専用ターミナルで成田行きのチェックイン。

(左)出発が3時間も遅れ、成田到着は翌日の夜になるとのアナウンス。明日から仕事なのに…
(右)それでもどうにか日本に帰ってきました。

南米、遠くてなかなか行けないけれど、次はいつ行けるのか、成田に向かう飛行機の中で早くもそんなこと考えていました。でも、苦労してでも行く価値のある場所だと、改めて実感しました。

この続編は、ブルガリアおよび英国を訪れた昨夏の旅行です。

(世界一周旅行(過去編)・第四章(南米旅行)・完)


nice!(4)  コメント(5)  トラックバック(3) 
共通テーマ:旅行・地域(旧テーマ)

nice! 4

コメント 5

イースター島旅行記、楽しませてもらいました。ヨカッタデス。

今まで、実際にイースター島に行ったことのある人に会ったことがないので、貴重な話を聞けて良かったです。海のすぐそばに立っているのもあるのですね。
(あ、ちくりんさんにも、会ったことはないです。)
by (2006-04-07 04:33) 

Doctor-D

イースター島もすばらしかった。行った気分になれました。
いつかこのリポート通りに行ってみたいと思います。
次も楽しみしてます。
by Doctor-D (2006-04-07 09:31) 

ちくりん

みちあきさん
どうもありがとうございます。参考にして頂けて幸いです。
まるで別世界に来ているような数日間で、本当に不思議な島でした。やっぱりまた行ってみたいですね。

Doctor-Dさん
旅行気分を味わっていただけたようで、こちらとしても紹介した甲斐がありました。
ぜひ、行ってみてください!世界にはまだまだわれわれの知らない場所がたくさんあります。
by ちくりん (2006-04-08 23:40) 

gutta

イースター島ってすごい気持ち的に遠い存在だったのですが、身近に感じられるレポートでとっても興味深かったです。いつかいってみたい、と思うのですが、やっぱ物理的に遠いですよね・・・・。
by gutta (2006-04-11 13:03) 

ちくりん

ぐったさん
どうもありがとうございます。私自身も遠くて縁のない場所と思っていたのに、二度も訪れることができました。きっと、行きたいという思いを持ち続ければ、いつかどこかで必ず現実のものとなりますよ。
by ちくりん (2006-04-12 01:02) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 3

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。