So-net無料ブログ作成
検索選択

世界一周旅行(過去編)・第五章・2日目(サンファン) [世界一周旅行]

昨夏の旅行記の2日目、日本を出発してロサンゼルス経由でプエルトリコのサンファンにやって来ました。

2005年8月5日(金)

昨晩、ロサンゼルスを出発したアメリカン航空機は翌朝の10時前、プエルトリコのサンファン国際空港に到着。実に7時間のフライト、時差は4時間。アメリカは広い。


サンファンの空港にて。プエルトリコはアメリカの準州だが、常夏のカリブの島。人も言葉も文化も完全にラテンアメリカである。


特に宿は決めておらず、市街地まで探しに行くのも面倒だったので、空港ターミナル内のホテルにチェックイン。客室内LAN、朝食付きだったけど、部屋も狭く、$140はちょっと高いなあ。


(左)さっそく、タクシーに乗ってサンファン市内へ観光へ。約20km、$18の定額。
(右)まずやって来たのは旧市街の先端、モロ要塞。サンファン随一の観光名所である。

岬の先端にある要塞に向けて歩き出す。



モロ要塞はスペイン海軍がカリブ海の要衝として16世紀に建造に着手され、以来、各国列強がこの場所をめぐって争いを繰り広げた。


要塞の先端からカリブ海やサンファン旧市街を臨む。




要塞を出て、旧市街をしばらく歩いてみる。要塞を含めた旧市街一帯が世界遺産に指定されている。






そして、旧市街の海岸沿いに並ぶもうひとつの要塞、サン・クリストバル要塞へ。




要塞の上から眺めたサンファン市街。サンファンの港は植民地時代の交易に始まり、現在ではコンテナ船やカリブ海のクルーズ船の重要な寄港地として、カリブの海上交通の要衝として機能している。

それにしても暑い。爽やかな気候だったロサンゼルスとはずいぶん違う。海からの湿った風が体力を奪っていく。旧市街をおおかた見終わり、涼しいタクシーに乗って空港のホテルに戻った。

明日は、朝サンファンを離れ、シカゴ経由で大西洋を渡ってロンドンへ向かいます。

続く

 


nice!(3)  コメント(3)  トラックバック(1) 

nice! 3

コメント 3

kenta-ok

プエルト・リコは、アメリカ本土と異なり、料理が最高でした。
http://www.trave-l.com/modules/blog/photo.php?uname=kenta-ok&lid=7974
by kenta-ok (2006-09-26 00:23) 

ちくりん

kenta-okさん
私はサンファンではまともな食事をする機会がなく、マックとかホテルの貧相な朝食だけだったのですが、料理が美味しいとは知りませんでした。スペイン風の料理、あるいはカリビアン・フードが中心なのでしょうか。
by ちくりん (2006-09-27 23:26) 

yongo

プエルトリコを調べていて行き着きました。写真がとても分かりやすく、きれいですね!すっかり行った気分になりました。
世界一周旅行の記事もゆっくり楽しませていただきます。
by yongo (2009-08-15 06:31) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。