So-net無料ブログ作成
検索選択

サンフランシスコ旅行記(2日目) [旅行記(海外)]

去る連休を利用して行ってきたサンフランシスコ弾丸旅行、2日目は市内の名所を主に巡りました。


昨日は飛行機の到着が遅れた影響で少ししか見て回ることができなかったが、なにせ短期間の旅程、観光できるのは今日一日しかない。時差ボケのせいか、思いのほか早く目が覚めた。これなら朝から精力的に回れそう。


(左)ユースでの簡単な朝食。ベーグルというのがいかにもアメリカ
(中)週末の朝ということもあって、周りは人通りが少ない。カリフォルニアは年中温暖な気候というイメージがあるが、朝晩はけっこう冷える。今の時期なら日本よりも気温は少し低いのではないか。
(右)今日はバスやケーブルカーに乗り放題のパス($11)を使って市内観光。乗りまくって元は取れるだろうか。


(左)市の中心部、Powell St.のケーブルカーの乗り場は朝早くから観光客の列が。
(右)終点のターンテーブルではこのように人力で方向転換。

ケーブルカーで市街地を北上し、ロシアン・ヒルへ。ここから坂を歩いてみる。

サンフランシスコ名物の坂はかなりの勾配。


これもサンフランシスコの名所のひとつ、急坂沿いにくねくねと曲がったロンバード・ストリート。カーブの両端が各住宅への入口につながっているため、このような形状に。

坂の頂上からは市街が一望できる。

頂上にはケーブルカーの別の路線が通っていて、ケーブルカーと坂、そして海を写真に収めようとする観光客で賑わっていた。


坂を下り、今度はバスでゴールデン・ゲート・ブリッジ(金門橋)へ。


ちょうどこの日、海軍のイベントが行われていて、空母や哨戒艇などがゴールデン・ゲート・ブリッジをくぐって続々とサンフランシスコの湾内にやって来た。


橋を遠くから眺めているだけでもつまらないので、せっかくだから歩いて橋を渡ってみることに。


橋から見渡すサンフランシスコ市街(左)とアルカトラズ島(右)。


橋は片道3km弱もある。ずいぶん歩いた気もしたが、まだ真ん中辺り。昼になるとけっこう気温が上がって、風はあるが歩いているとけっこう暑い。


サンフランシスコ側を出発して40分あまり、湾の反対側がようやく見えてきた。


対岸にも展望台があり、サンフランシスコと金門橋を眺めることができる。

対岸まで来たということは、また戻らなくてはならないわけで、再び橋を渡って約3kmの道のりを引き返し、今度は新たな観光名所、フィッシャーマンズワーフへと向かうことにした。


ワーフ周辺は週末ということもあって大変な賑わい。


昼食はワーフ近くのフードコートでまたも中華。何も考えずに牛肉の炒飯を頼んでしまったけど、米国産牛肉だし、脊髄とか混入してないよね…?

お腹もふくれたところで、海岸沿いを歩いていると、頭上を爆音とともに戦闘機が通り過ぎる。な、なんだ?ここはバグダッドか?

…と思ったら、アメリカ海軍のアクロバット飛行部隊「ブルー・エンジェルス」のエアショー。先ほどゴールデン・ゲート・ブリッジで見かけた空母をはじめ、この日サンフランシスコは海軍のイベントがあり、それ目当てにフィッシャーマンズワーフ周辺は大勢の人でごった返していた。

芝生や台の上から編隊飛行を眺める人たち。それにしても、飛行機が近くを通るときの爆音は相当なもの。それに、湾内を水面すれすれに超低空飛行したりして、見ているこちらがハラハラしてくる。


特設の大型モニターで演技の説明や編隊のアップ映像が映される。

それにしても一糸乱れぬ飛行演技。あんなに互いに接近して飛行するのは相当な技量を要するのは間違いない。ただただ上を見上げて口をあんぐり。


特設の航空ショーのグッズ売り場も盛況だった。


週末ということと、イベントが重なってフィッシャーマンズワーフ周辺の道路は大混雑。かなり長い間待ってようやくやって来た路面電車もほとんど動くことができず、ダウンタウンに戻った頃にはすでに日が傾きかけていた。

レトロな趣の路面電車。ケーブルカー同様、いい味出してます。

目抜き通りのMarket St.を官庁街のCivic Centerから商業地にかけて歩く。


そして世界最大規模とも言われる、チャイナタウンへ。ケーブルカーがこの街にはよく似合う。

フードコートでひと休みして、ワンタンを注文。結局、アメリカ来てほとんど中華ばかり食べていたなあ。これがアメリカ中華料理のご他聞に漏れず、スープがやたらと甘辛く、かなり違和感のある味、早い話がとても不味かった。素材の味だけでいいから、塩も砂糖もそんなに入れないでくれ、と言いたくなってしまった。


チャイナタウンから少し歩き、ライトアップされたユニオンスクエアへ。ここからバスに乗って一度宿に戻り、荷物をピックアップして空港へ向かう。約一日半の慌しい滞在を終えて、深夜の便で帰国の途に就かなければならない。

まあ、さすがに時間がなかったので充分に見て回ることはできなかったけど、それなりに満足、いい気分転換にはなりました。

続く


nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

nice! 2

コメント 4

一日でこんなに精力的に回れる、そのフットワークにniceです。
西海岸はいいですね。ケーブルカーの方向転換は本当に人力なんですね。
by (2006-10-15 10:50) 

おちあい

ケーブルカー・・・サンフランシスコですね~
3日間でアメリカ旅行、素敵です (^o^)

.
by おちあい (2006-10-15 18:14) 

ちくりん

好(ハオ)くん さん
niceありがとうございます。本当はもっと回れると思っていたのですが、バスの待ち時間や渋滞などで相当ロスしてしまいました。
西海岸はアジア系住民が多いので、あまりよそ者として見られることもないのがいいですね。

おちあい さん
3日間でアメリカ、というのもかなり無理がありますが、この短期間でも雰囲気を充分に味わうことができました。
by ちくりん (2006-10-16 23:41) 

ちくりん

好(ハオ)くん さん
niceありがとうございます。本当はもっと回れると思っていたのですが、バスの待ち時間や渋滞などで相当ロスしてしまいました。
西海岸はアジア系住民が多いので、あまりよそ者として見られることもないのがいいですね。

おちあい さん
3日間でアメリカ、というのもかなり無理がありますが、この短期間でも雰囲気を充分に味わうことができました。
by ちくりん (2006-10-16 23:42) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。